池尻大橋と中目黒の間に構える本格和食の【だれかれ】

だれかれの名前の由来

だれかれという言葉は、黄昏の語源っていう事はご存知でしょうか?

【誰そ彼(たそかれ)時】という言葉がありまして、そこから「黄昏時」と言葉に変形していきました。
黄昏とは、そう、夕方という意味です。
「誰そ彼」は「あなたは誰?」という言葉になります。

むかしむかし、電気もない時代、お日様が沈んでいくと辺りは真っ暗闇。
その段々と暗くなっていく時間帯を‘黄泉の国’に連れていかれるような時間とされ、すれ違う人『誰そ彼?』と声を掛け合って、こちらの世界に居る事を確認し安堵していたとか。

【和食屋だれかれ】は、黄泉の国とまではいかなくとも、その言葉を逆手にとって、『お店に居る時くらいは世知辛い浮世を忘れて、楽しく飲んで食べていってください』という想いを込めて命名しました。
もちろん『誰も彼も来てください』という意味も込めて。

ちなみに姉妹店【創作スパイス かれはだれ】の由来は『彼そ誰(かそたれ)』これは明け方を意味します。

詳しくは創作スパイスかれはだれ のHPへ!

店舗情報

だれかれ

  • 東京都目黒区東山2丁目4-16
  • 営業時間や定休日については変更の可能性がございますので、
    InstagramTwitterなどのSNSをご覧ください。
  • 席数:20席
  • カウンター席:4席
  • テーブル席:16席
  • 宴会最大人数:20名様まで可
03-6452-2848
ネット予約